Blogについてその2。

http://nobu.bokushi.jp/2008/09/082202.php#extended 

この記事は2008年のものですが、その頃少しショックでしたのでよく覚えています。

きっと書かれた方の意図ですと、見る側、情報を取り入れる側の取捨選択の能力が問われる、ということも含まれると思いますが、持ち前のマイナス思考と相まって、何かをネット上に発信するときに、目の前をよぎるようになりました(Twitterは私にとって含まれません)。

そんなわたしがなぜ今、Blogを書いてしまっているのでしょう。この記事で20記事目だそうです。そんなに書いた覚えがありません・・・・。

何か書きたいものが強くあったわけでもなく、伝えたい知識があるわけでもなく、何となくiPhoneと、そのまわりの方々が大好きな気持ちがあるだけで、けれど、冒頭の記事のことを考えてしまい少しの罪悪感とともに始めてしまったBlog。(長い)

そして、iPhoneと冠をつけてはいますけれど、iPhoneが第一義に来るわけではなく、あくまで「繋がる」「繋げる」ためのツールとして用いていて、それはやっぱり箱でしかないと思っていたりします。

つまり、何かきっと私の中に自分ではわからない何か思うところがあって、それを伝えたくて単にiPhoneを絡めているだけかもしれません。伝えたい、と書きましたが、本当に伝えたいのかと問われるとそうでもない気もします。伝えても、読んで下さった方が、得をするような内容のものではないと思うからです。あとで出してきてもう一度食べられるような情報もありません。

伝えるというよりは、静かに何かを考えたり、思考を突き詰めてみたいから書いているのでしょう、だから書き終わるととてもすっきりするのだと思います。そして、しばらく時が経つとまた書きたくなる。

そしてその考える遊びは、果てがなく、まとまりがなく、混沌としていて、コロコロと変わる。iPhoneという大好きなおもちゃを通して与えられた、沢山の情報や人との関わりでまたわたしが変わっていく。するとまた何か書きたくなるのです。

想定していなかった程のたくさんの方に読んで頂き、Blogを通さなければ出会えなかった方もたくさんおられて、とても嬉しいですし、それに伴った努力をしていないので悪いなぁといつも思っています。

いい加減寝なくては。いつも思考には終わりがなく、Blogも中途半端で終えているのが常です。私のBlogってなぜ存在してしまうんだろう、とその意味をいつも悲しく考えて落ち込んでしまうのですが、わたしの頭をパカっと開けて、脳内をさらけ出す快感に一度目覚めてしまいましたので、きっと何日かするとまたウズウズして書くことになるのでしょう。

オチなし。

*シェアしてくださるとうれしいです*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

*フォローしてくださるとよろこびます*

*コメント*

  1. moto_maka より:

    >またウズウズして書くことになるのでしょう
    あると思います。

    >オチなし。
    あると思います!!

    • yayoko314 より:

      あると思いますって言われると、ありな気がして感謝です!
      誰かにありです、と言ってもらえるとありになると思います!!というわけでこの記事はあり、になりました、ありがとうございます♬

  2. nobu より:

    ブログをかく理由なんて、ひとそれぞれですから、気にしないでいいですよ。

    いやな人は読まない、それだけですから。

    yayokoさんの頭の中をのぞきたい、物好きな人に、おしげもなく見せちゃってください。

    楽しみにしています。

    • yayoko314 より:

      あ。・・・・しまった、こういうことするとすぐ見つかっちゃう世界なのを忘れておりました。勝手に貼っちゃってすみませんでした。
      しかもコメントまで頂いてしまって恐縮です。
      podcast楽しみにしています♪

*コメントをどうぞ*

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です