わたしはひとりしかいないらしい。

どうやら、わたしはひとりしかいないらしい。

10年前に、和歌山の友達に似てる!と言われてプリクラを見せてもらったら、確かに似ていた。でも10年前のわたしと、今のわたしはだいぶ違う。と思う。関東にも、関西弁じゃないわたしみたいな人がいるらしい。
もしかしたら和歌山の彼女が上京していたりして。

と、どうでもいいようなことを考えつつ。

昔から変わった子だと言われていたけれど、そんなのはみんな親から言われているだろうし、クラスに一人くらいはいるものだろうと思う。

前に座っている超福耳のおっちゃんも、まつげのだまが気になっているお姉ちゃんも、たぶん一人しかいない。

まあ当たり前のことなんだけど、あまりに理解する機会が少ない。身を持ってわかる、のは、きっと自分にしかできないことなんだろう。

だから自分にしかできないことをさがすが、たいがいそんなことはない。

できないことを見ていると、うなだれて、いつのまにか自分がひとりしかいないことを忘れてしまう。何ができてもできなくても、自分はひとりしかいない。

もっと大きな展望のある人は、みんなのひとりになりたいのかもしれない。
でも、ひとりにでも、あなたはひとりしかいないと言ってもらえたら、たとえ自分の全てを見てくれていないにしろ、素敵なことだと思う。

というわけで、ありがと。

Posted from するぷろ for iPhone.

*シェアしてくださるとうれしいです*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

*フォローしてくださるとよろこびます*

*コメントをどうぞ*

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です