パーマネント野ばらを読んだら。

映画化されたので、タイトルだけは知っていました。

パーマネント野ばら 2.0(¥450)

カテゴリ: ブック, エンターテインメント
現在の価格: ¥450(サイズ: 13.1 MB)
販売元: highstone Inc. – highstone Inc.
リリース日: 2011/02/10

App

現在のバージョンの評価: 無し(und,efi,ned件の評価)
全てのバージョンの評価: 無し(und,efi,ned件の評価)

ss1 ss2
うーん、スクリーンショットがこのチョイスだと、違うお話みたい。

映画は見てないのだけど、原作を先に読んでしまったので心配しつつ、小池栄子さんのみっちゃんは見たいかも。

はてさて、お話の内容ですが、まあ、なんというか…。たくさんの大人の女性が出てきます。泣いたり笑ったり忙しく、パンチパーマもくるんくるん。



スポンサーリンク


おばさんになるのもそう悪くないな、と思える物語です。いっしょうけんめい、いっしょうけんめい生きて来て、「わたしらわかいときは、世間様の注文した女、ちゃんとやってきたんや」未だに懲りずに泣いたりして、そしたらもっと上のおばさんたちに、はよこっちおいで~楽になるで~と呼ばれたりします。



女たちは関わり合い、馬鹿みたいに言い合いするけれど、大事な境界線は守り、そっとしておいてほしいところは見守っていて、流れる優しさにホッとします。



「何で彼女を遊園地から引きずり出してしまったんだろう」



わかいときは、遊園地にいなければ辛すぎることもある。でも引きずり出した人を責めることはなく、何でだろう。と言うだけ。

結局彼女もこんなおばさんに、と思いながら遊園地にいるままなのだけど、それを自分でもわかっていて、ふと、



「わたし、…………?」



と最後にみっちゃんに尋ねるのです。そこを言っちゃおしまいなので、読んだ方へのお楽しみ。


Posted from するぷろ for iPhone.

*シェアしてくださるとうれしいです*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

*フォローしてくださるとよろこびます*

*コメントをどうぞ*

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です