MacとBOSEのWaveMusicSystemをSoundLinkしてみたら。





自分で書いていて何のことかわからなくなるくらい、英語。備忘録です。

家には、




こういうものがあるのです。こんなに高かったかしら・・・。 本体だけでもよかったのですが、どうせならとSoundLinkもつけてもらいました。これまではWindowsでしたので、USBに差し込むと、Linkできるようになっていましたが、Macは少し違うようで、

システム環境設定→サウンド→出力→装置の選択→Bose SoundLink Audioを選択します。



これでiTunes内の音楽は聴き放題。CD入れ替えなくていいので楽です。今聴いているのは、iTunesの中の「ラジオ」→classicalから、ひたすらモーツァルトばかり流れる局を聴いています。うーん萌え。



ちなみにこのBOSEのセットに、iPhoneを置いておくと充電できて中の音楽が聴ける


こういうのもついてきたのですが、iPhoneをこんなところにじーっと置いておけるわけもなく、意外に使いませんでした。iPhone5が出たら使うかも♪♪



でもわたしものを考えるときに、音楽があるとそばで話されているようで、うまく考えられなくなるので実は無音が好きです。家事など単純労働のときは音楽があったほうがやりやすい。



自分以外の人が、どのように音楽を聴いているのかに興味があります。どのように聴いているのかも、どのように聴こえているのかも興味があります。とはいえ、誰かの耳と脳と交換してもらうことはできないので、きっと一生わからないのかもしれません。

私が歌詞に意味があると気づいたのはだいぶあとになってからです。長い間、単にドレミで歌う代わりに日本語を乗せていただけでした。私には歌詞のない曲も、ドレミのカタカナで歌われているのと同じことなのです。歌詞のある曲を聴きながらさらに頭の中で文章を考えるということは、どこかでシャットアウトしているのでしょうか。人混みの雑音と同じように。

*シェアしてくださるとうれしいです*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

*フォローしてくださるとよろこびます*

*コメントをどうぞ*

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です