やよ日記[66]オリンピック、男子サッカーみてました。

完全に、にわかファンです。サッカーのルールも知りません。だいたい長髪のチャラチャラした人は嫌いだ。体操男子みたいなのが好きです。ほら何人か頷いた。



スポンサーリンク

しかし、うちの1号がサッカーをはじめることになり、というか、幼稚園で流行っていたので物は試しに習わせてみたら、親のわたしがすっかりハマってしまいました。


指導法というのは、スポーツでもピアノでも共通するところがあると思います。毎回学ぶところも多く、いや、決してコーチがカッコいいからだとかそんなことは。



サッカーのルールがわからないながらも、一生懸命みています。


わたしがサッカーをテレビで見るようになってはじめて、今日は負けた試合でした。メキシコは強かった。そして綺麗でした。



選手と一緒に走っているかのような心の動きは、自分でも面白く、つらくもありました。

ひとりでするものの気持ちは何となく想像がつくのですが、サッカーはひとりで出来ないものなので、ひとりだけに感情移入することができません。ひとりひとりがテクニックを極めた駒のようで、その集まりをひとつとして捉えて応援するので、何かふわふわした気持ちでした。



だれかひとりでも、歌でも歌えたなら違っていたかしら。



良くも悪くも、人は人に影響され、その精神は、身体の動きに反映されます。はるか昔からの当たり前の事実でも、あらためて認識すると、乗り越えられないものというのはいかに多いことか。




メキシコのゴールキーパーが、試合のあと、感謝の祈りをしているのを見て、素直に日本頑張れと応援できなかった理由がわかった気がしました。にわかファンだからなのかもしれません。


スポーツの厳しさと真剣さと、美しいものを観せてもらい、何もできないのにテレビのこちら側で不安に揺れたり祈ったりし、とてもいい時間でした。


そんな感情の持てる自分も、まだまだ捨てたもんじゃないと思ったり。



揺れ動く感情を抱くのが、処理に困るのでどうも苦手です。映画すら最近は怖くて、ハッピーエンドまで耐えられる自信がなく、海外のほとんど絶対45分で犯人のわかるようなものしか見られません。展開のはやい暴れん坊将軍。



今回は日本が負けてしまいましたので、ハッピーエンドではなかったのですが、なんとか耐えられて、この気持ちも、何か役立つのだろうと思えるようになりました。


少しは成長したのかな~。




Posted from するぷろ for iPhone.

*シェアしてくださるとうれしいです*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

*フォローしてくださるとよろこびます*

*コメントをどうぞ*

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です