エチュードのいうもの。~教えること。

エチュードとは、練習曲のことをゆいます。
お菓子っぽいです。


革命といいます。こんな楽譜です。

左手ばっかりがんばるかんじです。でも主役は右手です。右手さえ外さなかったら左手が多少ぐちゃぐちゃでも、しろうとさんにはわかりません。ただ、汚ない音になるだけ。

これも、エチュードです。

これは、こんな楽譜です。日本では、別れの曲としてゆうめいです。

これは、なんの練習になるかというと、片手でたくさんの音をいっぺんに押さえるけど、特定の音を強く弾いて、なおかつ、きれいに弾けるかという練習です。

右手はひとつだけど、上の音だけ強めに弾きます。右手の中の右手さんにがんばってもらいます。

ふたつとも、練習する曲なのに、恐ろしく美しい曲です。もっと他にもたくさんあります。

技巧をきわめるためなら、美しくなくてもいいのです。それももちろん練習しますけど。

そこに愛をかんじるのです。

しなくちゃいけないこと、しちゃだめなこと、きまり、めいわく、声を出す、静かにする、座っている、走れ。

世の中たくさんの命令があって、守らなければならないこと、それがふつう、何がふつう?

どのみちやらなきゃいけない、がまんしなきゃいけないなら、楽しくがまんできるように、なぜかがわかるようにていねいに、愛をもって。その先に美しくて素敵なものが待っていることを知っているなら。

Posted from するぷろ for iPhone.

*シェアしてくださるとうれしいです*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

*フォローしてくださるとよろこびます*

*コメントをどうぞ*

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です