やよ日記[81]そもそもはじめから私のブログはそうだったのかも

なんだか言い当てられたというか、

情報発信とか今はどうでもいいよと念じる – なんかカラフルな生活




まわりはみんなわかってくれていたのに、わたしだけわかっていなかったのだとしみじみ。

スポンサーリンク


情報をシェアするにもそれ程更新するわけでもなく、難しいことはわからないし、細かく説明するには調べないといけないのに面倒がるし、自分のピンと来たものだけにやにやしながら書くだけだし、真面目な企画もふざけちゃうし



会社なら完全にハマちゃんやん。
クビになる世界じゃなくてよかった。



PVをお給料だと考えれば、かなりの安月給なのだけど、それなりに楽しく暮らしています。



わたしも欲がないわけでもないというか、憧れてはいるので、たくさん読んでもらえるとそれなりにテンションは上がるし、読んだよって言われると好きになっちゃうくらいの単純さは持ち合わせています。そして謝ってしまう程度には卑屈です。


何にせよ中途半端過ぎて、いつも悩んでいます。いつもアドバイス貰っているのに。ごめんなさい。


ダラダラとやってきてわかったことは、だいたい恥をさらしたと自分で思っていたり、ふざけ過ぎで申し訳ない記事がどうやらみんな好きなのかもしれないということ。


たぶん世の中のひとはもっと真面目なのね……。




無駄が少なくなり、生きるのに苦しそうなひとが多いので、わたしがこの片隅で無駄なことを書き続けることも無駄ではないとかなんとかかんとか。



ブログをはじめたとき、某ムンクさんに

「結局題材は何でもいいんでしょ、その向こうに言いたいことがあるんでしょ、というか、自分の打った文字が綺麗にここに並ぶだけでテンションが上がるんでしょ」


と言われたことを思い出します。いやはやその通り。


Posted from するぷろ for iPhone.

*シェアしてくださるとうれしいです*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

*フォローしてくださるとよろこびます*

*コメントをどうぞ*

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です