やよ日記[87]アドレナリンが出る音楽。

〖adrenaline〗アドレナリン カテコールアミンの一。副腎髄質から分泌されるホルモン。血糖量を高める作用をもち,インシュリンと拮抗(きつこう)的に働いて血糖量の調節を行う。また,心臓の働きを強めて血圧を上げ,気管を拡張させる。1901年(明治34)高峰… #daijirin


〖noradrenaline〗ノルアドレナリン カテコールアミンの一。交感神経末端・中枢神経系などに広く分布し,興奮を伝達する化学伝達物質。アドレナリンの前駆物質。昇圧剤として用いられる。ノルエピネフリン。 #daijirin


こっちなのかなほんとうは。

スポンサーリンク


ライブに行ったことが、ないことはないのですが、どうも、踊る血筋ではないらしく、素面ではとてもノリノリ!なことはできません。
血が騒ぐ、ような気持ちになってみたいなと思いつつ、冷めた人間なのかなぁと諦めていました。


人が音楽を聴くとき、どういった気持ちになるのかは、本人にしかわかりません。脳波を測ったりしながら聴けば、何かわかるのかもしれませんが。


昔はよく、この人が好きな音楽だから好きなのか、聴いているうちに慣れてきたのか、もしかしてわたしって音楽何でも好きになれるのかしら、とか考えたものでした。



新しい音楽を聴くのはワクワクするけれども、次の旋律が読めないと疲れてしまうためか、最近はチェックしなくなってしまいました。字を読んだり、書いたりするときに新しい音楽がかかると、常に話しかけられているような状態になり、集中できません。どうせ覚えてしまうなら、と、ピアノ曲を聴いています。


しかし、いつも音楽にどうにかされている人たちは好きで、やっぱり羨ましく、わたしもノリノリ〜♪な体験をしてみたいなとは思っていました。




突然、お皿を洗いながら、ノリノリになっている自分がいて、まさかこれか!!これが血湧き肉躍るってこと?!と感動した曲がこちら。





産まれてくる時代を間違えました。


Posted from するぷろ for iPhone.

*シェアしてくださるとうれしいです*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

*フォローしてくださるとよろこびます*

*コメントをどうぞ*

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です