おーいお茶のリラックマカバー。イメージの生き物。



を、増量ボトルにかぶせてみたら太ってしまいました。可愛くない……。


人間はイメージで生きているもので、それは大事なようで邪魔なときがあります。





スポンサーリンク


ピアノを弾いていて、楽譜が複雑になってくると、弾いているのは自分なのにどこまで把握できているのか、本当はわかっていないのではないかと思うことがあります。


ふと気付くと、微かに隣の音を触っていて、それは雑音に繋がるので確実に汚い音になっているのですが、イメージではきちんと弾いているつもりなのでやり過ごしていたりします。

なので、イメージにとらわれ過ぎず、実際はどんな音が鳴っているのかを冷静に聴くことも必要です。



でも全ての現実が見えて聴こえてしまったら、音楽もやりにくいだろうし、外も歩きにくくなりそうです。



こう見えているだろうというイメージでもって自分は外を歩き、しかし、たまにショーウィンドウにうつる猫背の現実を見て愕然となったりしながら、これからも擦り合わせつつ生きていくのでしょう。



たとえば、冒頭のペットボトルのカバーは、顔だけしかありません。しかし、下半身が大蛇だとイメージする人はいないと思います。とか言って無理やり繋げてみました。






今日もアイス食べよう。レディーボーデンのチョコとバニラを頼んだらなぜかチョコが2つ来た。宅配ぽちぽち失敗。お皿にコーンフレーク、アイスをダブルで乗せて、自家製パフェの出来上がり。プチ贅沢♪

*シェアしてくださるとうれしいです*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

*フォローしてくださるとよろこびます*

*コメントをどうぞ*

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です