インフルエンザか扁桃炎か、はたまた口唇ヘルペス?!

 

土曜から熱が出始め、39度あたりまでいったところで、まず疑うべきインフルエンザ。

インフルエンザなら子どもにうつすまたは生徒にうつすといけないので、日曜の朝、救急で検査をしてもらうことに。

例の、ながーーーいお付き合いのしたくない綿棒で鼻の奥をぐりぐりされるわけですが、あまりの痛さに、反対側もしてくれないと釣り合いが取れない気がしません?これって。とか言って笑われる9度3分の患者。

スポンサーリンク

 

インフルエンザはAもBも陰性で、ほっとしたものの、先生に、どっか痛くないのん?と言われ、そういえば喉がちょっと痛い気もするなぁと申し出たところ、扁桃腺あたりが、ありゃー漏れてるやん。とおっしゃられ、まあでもこちらは高熱でぼーっとしているので本当にそうおっしゃったかは今となってはわかりません。何も漏れるもの無い気が…。

はるか昔幼い頃も、これだけ腫れてたら痛いはずやろーと言われたけれど、そうでもないーと言った覚えがあるので、熱の方が慣れていないようです。

 

お薬を朝昼晩の3回飲むようにといただき、帰りはしましたが、何回飲んでも少し下がったフリをするだけですぐ9度前後。いいかげんイライラしてきて、まあイライラしたところで高熱があるので何もできないわけですが、ゼリーやガリガリ君をしょぼしょぼ食べながらうなっておりました。

火曜になって、もう喉が痛いか口が痛いか熱でふらふらかわからなくなった頃、口内炎が超グロい状態になっているのを見つけてしまい、耳鼻咽喉科に行くことに。

 

もらったお薬は扁桃炎にはこれでいいはずなんだけどーとおっしゃったのち、お薬変えてみよっか。点滴して帰ろっかー。と優しい先生がおっしゃるので、点滴をして、変えてもらったお薬を飲んだら、熱が下がって今に至ります。ひゃっほー。おなかすいたー!

 

なぜわざわざこんなことを書いているのかというと、熱が下がって元気になったからというより、眠れないからです。もともとわたしは、おなかいっぱいで眠るようにできているのですが、口の中も歯茎もくちびるも、多分ヘルペスだと思われるものに蝕まれており、食べるのがとても難しくなっています。口を運良く通ってもまだ喉が痛いというダブルパンチ。直接胃に送ってほしい。

とはいえ、食欲もほとんどないので、まるいハムを2枚ほどかじったら満足していまいます。もともと食いしん坊星人なのになぜなんだろう。FacebookやTwitter、Millのごはんを見ても何も感じない。これが不健康ってやつかしら。

 

なぜハムかというと、塩分を欲しているのか、本当は唐揚げが食べたい気がするのです。ナイフとフォークで超小刻みにしてみたものの、唐揚げ1つも食べられないので、諦めてハムをちいさくちいさくちぎって食べています。食費かからないわ。この状態で何が食べられるか試せば誰かの役に立つ気がします。ハム。おかゆ…は、液体が面倒。ポカリスエットをストローで。飲み込むときに喉が痛いのですが、なんとか飲む。たくわん食べたいなぁ。

 

はじめての湿疹とか、口内炎ができると、何回も鏡で見たくなります。わたしって子ども?何回見ても治るわけではないんだけど、人間て不思議だなーというような気持ち。1センチくらいある口内炎はじめてみたー。口がほとんど開けられないので、口の中の色んなところにできているだろうモノが見られないのが悔しい。

 

そして点滴の空元気で、自分の子宮頸癌検診と、2号の予防接種を済ませるあたりなかなか無敵な感じ。でもこれからは無理しないようにしましょう。はい。無理したつもりはないのですが、どうやら理想が高過ぎて体力がついていっていないようです。さて、全快はいつになるのでしょうか。お楽しみに〜。してないか。

 

 

*シェアしてくださるとうれしいです*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

*フォローしてくださるとよろこびます*

*コメントをどうぞ*

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です