誰んち?みたいになるシャンプー(ボルタニスト)

2016 05 03 120348000 6C0FA iOS    2016 05 10T13 25 54 275

ちょっと良いトコのシャンプーを使っていたのがなくなって、節約しようと使った市販のシャンプーのせいで、なんとなくかゆい。気がした。たぶん気のせい。
そして、またちょっといいのが欲しくなって買ってみた。上から2番目くらいを選ぶ日本人とはわたしのことだ。

正直わたしの写真じゃ、全然全く限りなく永遠にオシャレには見えないが、とにかく、置いてみると、そこはかとなくオシャレになった。なんだこれは。誰の家だ。

振り向けば九九のポスターに4年生の漢字ーー!!とか強烈に年代遅れ(はがせよ)が、所狭しと貼ってあるのが日常感を醸し出す中、そこだけ妙におしゃれになったので、もうこれは、しゃれおつ。おしゃれもひっくり返ってしゃれおつになった。昭和。何が言いたいのかというとなにもないよ。

ところで、ボルタニスト?ぼたにすと?という言葉は風から聞いたことがありますが、意味は知りません。「ボ」とか「ヴァ」とか「ガ」とか付くと自然派なんじゃないの。という浅はかな刷り込みのみ。

ボタニカルシャンプーで検索するとあらわれるのに、ボタニストって書いてある。ボルタニストちゃうのん?どこかで間違って適当に話して恥かいたりしてないかしら。まあ、可愛いからどっちでもいい。
そして、妙にさらさらになる。
あれ?ストレートにした?と言われるアレ。アレみたいになる。

裏の表示を見ると、グリーンアップルとなんとかの香り、アップルとベリーの香りって書いてあって、なんでシャンプーとトリートメントで香りが違うんだ。大いなる矛盾は鼻の悪いわたしには解明できないので、諸君におまかせする。

*シェアしてくださるとうれしいです*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

*フォローしてくださるとよろこびます*

*コメントをどうぞ*

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です