ロマンチックな脳

ある日、2号が

ピアノの下開けたら、ファイズのベルト出てきたりしてな〜。

と言った。

そんなわけないってわかってはいても、そんな想像をしてしまう。
わたしも、ピアノの下を開けたら、フルートとかバイオリンとか、綺麗な楽器がたくさん出てくるかなぁと、考えていたことがある。

そのへんで我に返ればいいのだけれど、それを、ここに置いて〜吹いてみて〜とか頭の中でやりだすと、もう目がどこかにいっちゃっている。

空想や夢は、そのままにしておいたほうがいいと思う。たとえそれがいかに現実離れしていても、むやみに否定すると、現実に生きることが嫌になってしまう。

現実的な答えをしなくてはならないときと、そうなったらいいねぇ、と、一見バカバカしいような空想に付き合うときも、共通するのは子どもを尊重するということ。

大人はつい、口が滑って子どもをバカにしがちだから、重々気をつけないといけない。もちろんわたしもそう。

大人目線で言うと、空想やお喋りに付き合うと、実は大人にも大きな利点がある。

彼らの中身を知ることができるのはもちろん、1番は、付き合ってくれた大人に心を許してくれること。
心を許してくれると、こちらが示す規範も理解し、歩み寄る姿勢を見せてくれる。
というと難しいけれど、つまり、「言うことを聞いてくれる」。

ことも、ある。もちろん、誰にでも当てはまるものではないけれど。さぁて。ほかにはどうやったら練習する気になるかなぁ。

と、せんせいは毎日かんがえる。

*シェアしてくださるとうれしいです*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

*フォローしてくださるとよろこびます*

*コメントをどうぞ*

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です