冷たい冷たいカーニバル

冷たい冷たいカーニバルしよ?

と最近誘われていたけれど、だってそれ冷水浴びるだけやろ…と思って断っていた。

まあ、あんまり断り続けるのもあれなんで、
冷たい冷たいカーニバルやってるとこ見せて?と言ってみたら、

冷たい水浴びてるだけやで?と言われた。

**

夏休みが終わってしまう。つらい。
子どもは長い時間、学校へ行く。お昼食べて帰ってくるくらいでちょうどじゃないのか〜?

何って、好きな時にいじくって遊べないからだ。わたしは家ではジャイアンである。

好きな時にほっぺをつつきまくったり、腕をもみまくってついでにかじってみたり、小さい鼻をさわってみたり、ちゅーしまくったりできない。つまらない。

強制的に、ママ大好きって言わせることもできない。つまらない。

今日は外を歩いた。

内緒の話をするふりして、耳に口を近づけて、ほっぺにちゅってして怒られる。最近はバレているので違う手を考えなくては。

小さな子と手をつないで歩くのが夢だった。

小さな手はわたしをにぎっていたのに、パッと振りほどいて、ママ〜と行くのが許せなかった。あんな、優しくもない、笑顔もないようなママのところへどうして行くんだろう?と思っていた。
わたしのがずっと優しく遊んであげるのに。

今は念願かなって、男の子ふたりと手をつなぐことができた。

しかしもうそんな頃も過ぎ始め、勝手にこけないで歩くようになった。

今はときどき、周りを見渡してから、手を繋いでくれる。
わたしの夢を知っているから、ときどき小さい子のふりをしてくれる。

毎日、可愛い可愛いカーニバルだ。

*シェアしてくださるとうれしいです*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

*フォローしてくださるとよろこびます*

*コメントをどうぞ*

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です